スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬空の江田島第一術科学校を訪ねて

12月10日の日曜日、仲良しオジサマから、旧海軍兵学校である防衛省海上自衛隊
第一術科学校の見学会にお誘いを受けたので、参加してまいりました(*^^*)☆
主催は、同じく防衛省陸上自衛隊三軒家駐屯地、自衛隊協力会の皆様。

幹部候補生学校として現在は使用されている東京築地から移転された赤レンガ庁舎

約2時間半ほどで、江田島第一術科学校に到着したのですが、バスツアーだったため、
正門の写真や、敬礼する兵隊さんの写真を撮影できませんでした(^^;

昭和18年建設の第一術科校舎の拡声器

まずは、必ず団体行動を守ることなどの注意が聞いて、江田島クラブという、一般来客用の
待合みたいな建物に。向かいに建つ昭和18年建立の第一術科校舎の拡声器が面白かったのでパチリ!
外部は塗り直しなどでキレイですが、中の廊下などはウグイス張りのような状況とか(A^^;)

大正6年建造の大講堂。上は呉総監部長官が乗り付ける車寄せのある裏側、下は正面から撮影したもの


とにかく海上自衛隊江田島基地は、東京ドーム9つだったか、が入るほどの広大な敷地。
ゆったりと建てられた建物は、どれも、とても立派で、なかなか全容を撮影できません(--;

およそ見学時間は1時間半…広報担当の尉官がご案内して下さいます。
最初に案内されたのは、大正6年に建造された大講堂は、瀬戸内産の御影石が使用されてます。

左上・大講堂正門アーチ部分、右上・菊の御紋を象った式台、左下・船を舵輪を模したシャンデリア、右下・2階回廊の様子

現在も入学式等で使用されるという大講堂は、大正6年建立、厳かな雰囲気が漂います。
NHKドラマ『坂の上の雲』のロケにも使われてエキストラとして当時の学生も参加したとか(^^;

海軍さんらしく、式台には日本国旗と旭日旗、赤い絨毯の部分は、成績優秀で、
恩賜の銀時計を賜る学生だけが歩くことが許されたそうです。
シャンデリアは、船の舵輪をデザイン化したもの…オシャレですよね~♪

旧海軍兵学校生徒館、現在は幹部候補生学校庁舎として使われる赤レンガ庁舎

旧海軍兵学校を象徴する建物として有名な赤レンガ庁舎は、総延長140mという建物。
明治26年建立で、イギリス直輸入赤レンガ一つ、当時の価格で20円、現在の価格すると単価13000円?
この大きな建物の建造費は莫大なものだったことでしょう…
それだけ気合を入れて将校を養成した、ということでしょうね☆現在も幹部候補生校舎です。

兵学校学生館の通路。中庭の明かりを受けて回廊が美しいです


イギリス人の設計による、この旧海軍兵学校生徒館は、門が吹き抜けとなっていて、扉がありません。
明治以来、変わらぬことなく使用されている灯りにも、風情がありますね♪

国内で戦艦の主砲の形を留める戦艦『陸奥』主砲

いろいろな憶測を持つ戦艦『陸奥』の主砲を、主砲の形として残しているのは、日本では、ここだけ。
砲身は41cmということですが、見学コースでは、遠目から眺めるだけなので実感はありません(A^^;)

東郷平八郎遺髪を収める教育参考館

最後に案内されたのは、教育参考館…ここは、明治以来の海軍の歴史を彩る海将の遺物ほか
神風特攻隊として出征した若き特攻隊員の遺書などが収められている建物です。

この館内だけは撮影禁止で、入館時には脱帽、一礼を、退館時にも一礼をお願いします、と。
ゆっくりと見学するには、あまりにも短すぎる時間で、日清・日露の歩みも興味深いのですが、
さすがに、最後の特攻隊の遺書には、自然と目が潤む…死地に赴く若き兵士の覚悟の遺書、
わかっていても、尚、生きることを善しとせよ、と、制限のある書状のなかで書き送った父の書簡…。

私たちは、今、この尊い命の上に平和を築いた以上、平和を守る義務があるのだ、と
改めて感じた一日となりました…そして、この歳になったからこそ思う、
前途有望な若者に死を命じた将校達の苦悩にも想いを馳せることが出来ます▼

呉『日招きの里での昼食、海軍肉じゃが、海軍クジラカツなど

さて、気を取り直して、この日のお昼ご飯…瀬戸内名物?釜揚げシラスと、
海軍肉じゃが、クジラカツ…クジラのカツなんて、小学校の給食以来かも~!(笑)
朝が早かったので、とても美味しく頂いてまいりました(*^^*)v

今回は団体旅行でしたが、個人でも行けるそうなので、サイトをご紹介します☆
 ★防衛省海上自衛隊第一術科学校公式サイト http://www.mod.go.jp/msdf/onemss/

 ★江田島市観光協会内紹介サイト http://etajima-kankou.jp/sp.jmsdf.shtml
スポンサーサイト

ちょっと欠けてる中秋の名月♪ 岡山後楽園お月見茶会に

今年は昨年より1ヶ月遅い本日が中秋の名月(*^^*)☆
岡山後楽園では、暦どおりに開催される名月鑑賞会、肝心なお月様は、小望月と申しますか、
実際の満月は6日なので、ちょっと欠けてる状態です。

沢の池から東山方面に昇った名月とお供え

今年も、お茶のお師匠様方とご一緒して、月見茶会に行って参りました♪
名月鑑賞会は5時からなので、4時半から並び、まずは表千家流のお席に。
名月のお茶会らしく、秋らしい設えの趣向が、優雅なひとときを醸し出しまします。

入園直後、夕陽に烏城の金のシャチホコが輝いています

入園直後は、まだ夕陽が強くて、ちょうど夕陽を受けて、金のシャチホコが輝いていました♪
お月見のお供えのススキとお団子と一緒に撮影したため、お城の姿が、
かなり小さくなってしまって、わかりにくい写真となっちゃいましたね(A^^;)

沢の池に映る月影

二席目は、野点となる高松で隆盛な武者小路千家流のお茶席に…折りよくポッカリと月が昇り始めました♪
「4名様なら今の席に間に合います」とお手伝いの方が仰って下さったので入ったところ、
一番前の席が空いてる…で、まさか、お正客の席とは!!すぐ後ろの席には、
着物姿の方々が座っていらっしゃるのに申し訳ない(^^; 

お席は、野点なので盆点前ですが、名月をお供に、名器で一服頂く幸せに預かりました♪

園内では、芝生が開放されて、純粋に名月を楽しむ方々でイッパイ!

この日は、日頃は立ち入りが禁止されている芝生が開放されるので、あちこちで、
月見弁当を広げて楽しむ方々で賑わってました(*^^*)☆

名月も、やや高く昇り、美しさが一段と冴えてます

今日の天気予報では、午後から曇り、とあったので、今年も名月は望めないか、と
思っていただけに、思わぬ好天に恵まれて名月とお抹茶を満喫して参りました(*^^*)

お月見の後のお楽しみ♪『四季彩] の穴子重セット』

茶腹も一時…とは言うものの、やっぱり、お腹が空くので、後楽園の門外にある『四季彩』へ
いつもは公園の開場時間に合わせて営業なさっているのですが、この日は特別。
メニューもお月見限定で、うたは「穴子重」のセットを注文しました☆

穴子重に、茶そばのお吸い物仕立て、小鉢は鴨?豚?のローストと茎ワカメの味噌味の和物、
それに香の物で、久しぶりに穴子も食べられて、満足な締めくくりとなりました(*^^*)♪

 ★岡山後楽園公式サイト http://www.okayama-korakuen.jp/
 ★四季彩公式サイト http://korakuen-shikisai.jp/

備中国分寺五重塔の下見

日付は変われど、今回の記事も、前々回の続きというか、同じ日のこととなります。

中世夢が原の帰り道、うたの家に帰るには、何通りかのコースが考えられますが、
その一つ、総社市の吉備古代の丘付近を通るを今回は選択してみました☆

岡山の観光地として倉敷美観地区と並んで有名なのが、備中国分寺の田園風景でしょうか。
春のレンゲ畑、夏の青々とした田んぼ、秋は黄金色の田んぼ、
冬は雪景色(もっとも、これは、よほど運が良くないと無理ですが^^;)と、なかなか風情がある景色です。

塔見茶屋から五重塔を望む

前回、9月末に笠岡ベイファームにコスモス畑を見に行って空振りに終わった曇り空の日に
県道沿いにある、絶好のロケーションに立つ「塔見茶屋」さんから撮影したのが上の写真。
まだ、稲刈りまでには、もう少し、という感じで、ちょっと田んぼが青いですね☆

県営駐車場付近からの五重塔を望む

都会地の友人に言わせると、平山郁夫画伯の絵にあるように絶景の撮影ポイントだと言うのですが、
近場だし、いつでも行けるという気安さも手伝い、足を向けることが無かった場所の一つ。

つい、先日まで、実は県営駐車場が有ると知らなくて、車を停車するのに困るよなぁ…と思い込んでいまして、
高校時代に自転車で行ったキリですが…その頃から比べると随分と整備されましたねぇ(A^^;)

順光から撮影した五重塔

この日は、既に、もう夕方近くで、かといって日没には間があるような中途半端な時間で、
写真が趣味の方ならば、もう少し、粘って、夕焼けとか夕陽の時間まで頑張るのでしょうけど、
芸術的な写真を撮影するほどの腕前もセンスも無い、うたなので、今回は、下見ということで(笑)

もう少し、時間をかけて、あちこちと撮影場所を探してウロウロすれば、遠景の写真も
もう少しは風情のあるものが撮影できるかなぁ、と思ったりしています。

ススキを全景に逆光の五重塔

国分寺境内から五重塔を望むと、夕方は、丁度、逆光となるんですね。
秋らしく、釣瓶落としの夕陽、赤い夕空までには一歩前のシルエットとなりましたが、今回の絶品です(A^^;)☆

まぁ、老後の楽しみ?として、きれいな夕陽のシルエットの五重塔の撮影にもチャレンジしてみたいです(笑)

古刹 大滝山・福生寺

4月5日の土曜日、県南地域は、この日、桜が満開!お花見に出かけた方も多いと思います☆
うたも、中国の天津市から、高校同期の友達が帰省してきたので、出かけることにしました。

ドライブの間は、彼女と、彼女のお母様である、元気ばば様とお喋りしながら、
誰も行ったことがない、という備前市にある「福生寺」(ふくしょうじ)へ。

福生寺 本堂と桜

寺伝によると、奈良時代、鑑真によって創建され、平安時代後期に山火事で焼失したが、
足利尊氏の発願により再興され、僧院33坊を数える規模も、戦国時代に、赤松氏と山名氏の戦乱で、
山門と三重塔以外は焼失し、江戸時代、岡山藩主の庇護の下、再建され、明治までは13坊あったそうです。

現在は、この本堂にあたる実相院、紫陽花寺として知られる西法院、福寿院の3坊が残るだけとか。

福生寺境内にある白沈丁花

少し、境内が標高の高い位置にあるので、山桜は、まだ3分咲きぐらい。
気温が低い所為か、珍しい白の沈丁花が、赤い藪椿の下に咲いていました(*^^*)☆

国重要文化財の三重塔を西法院から望む


本堂から西法院に行く途中から、国の重要文化財である三重塔が望める場所があります。
もう少し、塔の全体像が解る写真もありましたが、桜と藪椿、山桜の前景が捨てがたく、選んでみました。
参道の両側は、紫陽花並木?で、梅雨時に来たら、綺麗だろうなぁ、と思います。

山号となる大滝山の由来の滝


季節はずれ?なのか、ほとんど訪れる人もない、静かな西法院境内には、福生寺の山号である、
大滝の由来の滝が流れていますが、この週は晴天が続いたからか、思ったほどの水量はなく、
春のせせらぎ、といった風情ですね(笑)

三重塔付近から境内を見下ろす

友達が作ってくれたお弁当を食べ終えた後、三重塔まで行ってみることにしました☆
江戸時代までは13坊あったそうですから、その当時は、もっと境内が広かったことでしょう。
桜の木のそばに建つのが本堂、中央奥に見えるのが西法院です。

三重塔から瀬戸内を望む


国の重要文化財である三重塔の建つ位置より、少し高い位置に僧院跡がありまして、
そこからは、瀬戸内海を望むことが出来ます。

うたの推測ですが、瀬戸内海まで見渡せる位置、山懐に包まれた天然の要塞、
その地の利に、寺院という形をとった戦陣の拠点として、足利尊氏が、目を付けたんだろうなぁ、と。

あいにくの晴れたり、時雨たりで、写真では、瀬戸内海とわかるまではいきませんが、
晴天ならば、きっと絶景が望めると思います(*^^*)☆

  ※福生寺にアクセス等に関しては、こちらのサイトをご参照ください☆
    備前市公式サイト「観光内」 大滝山 
     http://www.city.bizen.okayama.jp/kankou/guide/bizen/spot/ohtaki.html
    晴れらんまん 岡山旅ネット「福生寺」     
     http://www.okayama-kanko.jp/modules/kankouinfo/pub_kihon_detail.php?sel_id=1205&sel_data_kbn=0



第14回 旧閑谷学校ライトアップ☆

先月、ブロ友の元気ばば様のご友人をご案内した旧閑谷学校で、今月2日から11日まで、
楷の木の紅葉に合わせて、ライトアップされる、とご紹介しましたが、
なかなか「その気」にならないと行けないので、元気ばば様をお誘いして行って参りました!

飛行機雲と三日月と、そして銀杏の夕暮れ

通常営業である午後5時で、閉門されて、6時の開場を待つ間に、絵に描いたような三日月がポッカリ☆
菩提寺では、まだ色づいてなかった銀杏も、ここでは、黄金色になっていました(*^^*)☆

重文の石塀と閑谷学校正門もライトアップ

旧閑谷学校の敷地は、ぐるっと石塀に囲まれ、この石塀の美しさも素晴らしいものですが、
こうして、灯りに、仄かに浮かび上がる姿も、また趣が変わって、新鮮に感じられます。

本当は、ライトアップ前、トワイライトに浮かび上がる櫂の木も撮影したかったのですが、
いかんせん…肝心の時間帯は閉門で入れず残念…もう少し、主催者にカメラ心が有れば、と思います。

閑谷学校ライトアップのカウントダウン点灯式の打ち合わせ風景

うたが、ウロウロと校門周りを撮影している間に、連れとなる元気ばば様は、係員の方から、
「点灯式を行いますので、ボタンを押すのをお手伝いして下さい」とお願いされて、
点灯10分ほど前に、他の4組の方と共に点灯のスイッチを押すことになりました。

今年で14回目となるライトアップですが、近年、櫂の木の衰弱が問われていて、
今年から4年だったかな? 樹木剪定などで、元気回復に努めていることなどの説明もありました。

で!肝心のスイッチを押す瞬間も撮影したのですが…うたの気合が入りすぎて、手ブレしちゃいました▼
点灯前の10秒間、あたりは真っ暗で、怖がる子供も居るぐらい、真っ暗。
その点灯された瞬間、浮かび上がる光景に大勢の観客から大歓声が上がりました(*^^*)♪

定番の構図から。櫂の木と講堂です

今年は夏の猛暑と秋の冷え込みが遅いことも手伝って、紅葉は、イマイチ、イマ二、でしたが、
それでも、日頃の景観と異なり、灯りの点る講堂は、秋の夜長に温かみを感じさせてくれます。

孔子廟の門から月の望む

今回、うたは、コンパクト一眼にカメラを変更してから、初めての夜景撮影です。
まだ、使い方も良く解らないので、オートモード夜景で撮影したのですが、
思った以上にライトの光源が強く、もう少し、絞りを調節した方が味わいある撮影になったかな、と。

170枚も撮影したのに、どれも思ったようには撮れなかった腕の悪さに、
また、来年、余裕があったら、絶対に挑戦してみようと思いました(A^^;)

  ☆旧閑谷学校公式サイト  http://shizutani.jp/
  ☆うたが、先月撮影した記事は、コチラ
    旧閑谷学校を訪れて  http://utakata720.blog129.fc2.com/blog-entry-247.html


プロフィール

うたかたの幻

Author:うたかたの幻
3年ぶりに更新を始めました!気分転換で、お出かけした写真エッセイのほか、読了した本についての感想、鑑賞した映画などなど、諸々思いついたままに綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。