まだまだ、赤ちゃん

取り立てて、珍しいモノではありませんが、一昨日の日記で、小さな発見、ということを綴った延長上の写真です(^^; 今日、ご紹介しようと思うのは、自然発生的に誕生していた、木のヒコバエ♪

 

ご存知…ヤツデです(*^^*)☆ よく、紅葉を「赤ちゃんの手」のような…と表現しますが、ヤツデだって、こんな可愛らしい時があるんですよ(笑) まだまだ、緑も淡く、柔らかそうな葉で、大きさも、丁度、赤ちゃんの手ぐらいでしょうか。 毎年、この子の親となる木が傍にありまして、ま~るい、種というか実を付けるのですが、それが落ちて自然に発芽したもの。こんな場所で大きくなって貰っても困るんだけどなぁ…と思いつつ、枯らしちゃうのも可哀想なので、しばらく様子を見て、大きくなりすぎるようなら、剪定することにしようか、と考えております(A^^;)☆

 

そして、コチラも、ヒコバエである山椒の木。うたの家の庭(荒れ地)には、大きな山椒の古木が、2本有ったのですが、1本が雌木で実を付けてたのに、先年、植木屋が、うたに断りも無しに伐採しちゃったので、現在は、大きな木は1本だけ。それでも、庭のアチコチに落ちていた実から芽吹いたらしく、まだ、性別は判りませんが、コレも、そんな山椒の赤ちゃんの一つです。

 

山椒の木というのは、不思議なもので、実は、なかなか、移植しても根付かないんですよね。かといって、実から育てようとしても、コレも、なかなか芽吹いた、という話は聞きません(^^; 山椒の場合は、土地を選ぶらしく、もし、庭に植えたいな、とお思いの場合は、沢山、土をついた根付きを選ぶようにすると良いようです。しかも、日当たりが良すぎると枯れます…ちょっと、大きな木の陰となるような場所を選んで植えてやるのが宜しいかと。

 

この写真の赤ちゃんは、桜の古木の下、家の日陰となる場所で発見しました♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヤツデって小さいとこんなに可愛らしいんですねw♪
植木屋さんに文句言ってやったら~w^^: でも場所を選ぶなんて選ばれた
うたさん宅はラッキーというか自然にマッチした環境が良い場所、なんでしょうね♪^^

山椒って一本ではみがならないの?

実家のベランダには、昔わたしが悪戯ににいろいろな実を植えたもの達がいて、その中に山椒もいたような気がします。。。鉢のなかでしっかり育っているあの子は貴重品でしょうか?? ちなみに、わたしのお気に入りは、チビのくせに葉っぱだけ立派なイチョウでした(^^)

山椒ってオスとかメスとかあるんですか! 知らなかった。

>エルフ様 日頃、見掛ける、団扇ほどもある大きな葉となると、とても可愛いとは申せませんが、この位の時は、ちょっと可愛いな♪と思えるでしょ(*^^*)v モチロン、植木屋には、キツク文句を言い、これからは、勝手に切らないように指示しました☆

>雪花様 山椒は、1本では受粉しないんです…花が咲くオスの木に花粉があって、メスの目立たない場所に雌しべが有るんですよ♪植物学で言うと雌雄異株の木で、銀杏などと同じですね☆

>にゃん様 鉢植えのままで置いておいたのが良かったのでしょう♪しっかり鉢で根付いたようなら、その鉢を壊して、そのままソックリ移植すれば根付くハズです。山椒もそうですけど、銀杏も、小さいくせして、一人前のような葉を付けますよね~♪

>Jigen様 はい!オスメスが有ります…俗に、花が咲くのがオスの木、咲かないのがメスとなりますが、花や雌しべは小さいので、なかなか見分けにくいです。しかも、うたの家に限れば、メスよりオスの方が圧倒的に多く発芽します(^^;

ヤツデって難い葉っぱでしたでしょうか?
子供の頃あの形の葉に手を切られた記憶がよみがえりました^^;
知識が無くてお恥ずかしい(;^_^A アセアセ・・・

娘は、 ヤツデ を  天狗さんの葉っぱ と呼んでいます!

ヤツデの赤ちゃん、見て分かりました。小さくても、ちゃんと可愛いヤツデの形だもんね♪
山椒は、言われて、あっそうだ! と・・・(^^ゞ
雑草との格闘も大変だけど、こうして何が芽吹いてくるか・・・思わぬ赤ちゃんを発見したりも、広いお庭をならではの楽しみですよね (*^^*)v

山椒の木を見て、懐かしくなりました。
10年位前に当時住んでいた家の庭に、山椒の苗木(70~80cmくらいの)を植えました。7年前引っ越すときには胸の高さにまで育って実もつけていました。この春、行ってみたら、1階の屋根に届きそうなほど大きくなっていました。実がついていたということは雌の木だったんですね。
山椒の木に雄雌があることさえ知りませんでした。勉強になりました。

ヤツデの実生どんな大きさなのか良くわかりませんね。大きさに興味あります。
山椒もかわいいですね。

実生(ヒコバエ)のヤツデって、ホント、あかちゃんの手みたい。カワイイ。うちにも山椒の実生があって、けっこう大きくなりました。また、アゲハチョウの幼虫がたくさんやってきそうです。

>フェイク$様 成長してくると、結構、シッカリした葉となって団扇替わりに使える程度には堅くなりますよ☆ 葉で手を切ると、なかなか治らないんですよね(^^;

>ジミー様 そうそう!うたも、ちっちゃい時、天狗さんのお手々、と言っておりました♪多分、父か母が、そう教えてくれたんだろうと思います☆ 時代が変わっても、発想は同じということでしょうか?(笑)

>アッキー様 ね~!ちっちゃくても、ヤツデしてるのが可愛いでしょ♪(*^^*) 山椒は、これでも、多分2年目なんじゃないかなぁ…去年は見つけてなかった(別の場所では見つけたけど)けど、小さすぎて気付かなかったのかも(^^; こういう木のヒコバエは、親木の根元を中心に、やたらと増えてるモノも多く、梅や樫などは、よく抜きますよ☆

>はむはむ様 よほど、上手に山椒の木をお育てになったのですね(*^^*)☆ 山椒は、割合と長生きな木でして、高さ的には、大体、1階屋の軒ぐらいで止まることが多いようです。実が生るということは、きっと、お近くに山椒の木があるお宅が有ったんだと思います☆ 山椒は、葉の香りを楽しむのにも、実山椒を佃煮風にして、お魚を煮る時などに利用すると美味しいですよね!

>TENTEN様 ヤツデの実は、なかなか可愛い形でなりまして、直径にしてピンポン球ぐらいの大きさに、小さな実が放射線状にビッシリ生ります♪以前、ご紹介したことが有るのですが、CURURUでは、なかったようです(^^;

>マリリン様 なかなか、ヤツデの赤ちゃんなんて、見掛けないんじゃないかなぁ(^^; 庭木として販売される場合は、もう少し、大きく育ったモノが多いし、最近では、人気の無い植木の一つですし(笑) うたの家では、アゲハが少ないのか、山椒は、余り葉を食べられる経験はしたことが無いのですが、香りと辛みが強いので虫害は少ない木のハズなんですけどねぇ(^^;
プロフィール

うたかたの幻

Author:うたかたの幻
3年ぶりに更新を始めました!気分転換で、お出かけした写真エッセイのほか、読了した本についての感想、鑑賞した映画などなど、諸々思いついたままに綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR