山椒の花

昨日、ヒコバエである山椒の赤ちゃんをご紹介いたしましたが、今日は、その続きと申しますか、余り目立たない、山椒の花をご紹介しますね(*^^*)☆

 

以前、ご紹介したような気もするのですが、コレが、その山椒のお花。雄木に咲きます。庭の隅にある、大きな山椒の古木のモノ。とても小さく、しかも色も目立たないので、見落とす方も多いと思います。

 

実の方は、発見できるかなぁ…何しろ、この木と対となっていた雌木の方は伐られてしまってからというもの、まだ発見できてないんですよねぇ▼ある程度、大きくならないと、実を結ばないので、今年も雌木は見つからないかもしれません。

 

この雌木の古木の付近を探すと、ヒコバエは、幾つか出ているだろうと思うのですが、確認する頃には、雑草が生い茂り、見つけにくくなってしまいまして(^^; この古木自体、わき芽が出てるハズなのですが、それも未確認です☆

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うちの山椒の実生は、どっちなんだろう??? 花も見ないし、実も見ない。雄木に咲く山椒の花も、質素できれいですね。

山椒のお花なんてエルフは見たことないかも^^: 
今度自然公園に散歩に行くのでそこに緑の窓口があり、ありとあらゆる植物や木の
ことについて教えてくれるコーナーがあるから聞いてみよう^O^

これが山椒の実になるのですか? 初めて見ました
私 全く別なもの想像していたんですよね。。。 イヤン(/o\)ハズカシ(*^^*)

山椒の実、発見できたら食べられるのでしょうか?
加工しないと無理かな^^; いろいろな植物があって羨ましいです(^▽^)

以前、紹介してもらった気もしますが、まったく忘れてしまってるアッキー (^^ゞ
お花は本当に目立たず、見落としてしまいそうですね (^^;
雄木に花が咲いて、雌木が受粉して実を結ぶのかな。そういえばイチョウも雄雌あったような気が・・・☆

 雌木と雄木 の話も 花の写真も初めてです。
(見ているのかもしれないけれど、気にも留めなかった・・・)

 確か、 すりこぎ棒 に使う木でも有りますよねぇ。。。 (自信なし^^)
植木屋さんの家で活躍してたりして、、、。^^

>マリリン様 花を見ないということは、雌木の可能性が高いんじゃないかなぁ…大きさによりますが、腰ぐらいの高さに成長していれば、そろそろ実を付けるので、大体、5月半ばぐらいに注意してみていると、発見できると思います。

>エルフ様 「山椒って、花が咲くの?」と聞いた友達もいますから、ご安心を(^^; それぐらい目立たなくて、しかも販売用の山椒畑なんて、滅多にありませんから。自然公園の窓口なら、うたの経験で紹介した、半ば、いい加減な説明より、シッカリといろいろと教えて貰えることと思います☆ 山椒は、プランタなどに1本あると、お料理に便利な木の一つで、葉が育ちすぎた夏でも、魚の煮る時に一緒にいれると臭みがとれていいですよ☆

>きゅも様 花が咲いた木には、実はならないのです(^^; 花の木はオス、実の木がメスと、雌雄異株の木なので。 なので、この花からは実は付きません☆

>フェイク$様 発見できたら…ナマでは食べないですねぇ。食べて食べられないことはないと思いますが、多分、辛さと苦味が強すぎるかと。山椒の実は、一晩、水に漬けてアクヌキしてから、佃煮風に煮て利用するのが一般的です。煮た実は、煮物の絡みと香り付けのほか、お魚を煮る場合にも利用すると、ピリッとした感じが、とても似合います(*^^*)♪

>アッキー様 やっぱり、以前、紹介した気がしてたんですけど…前の写真より、今回の方がハッキリしてるかな(A^^;)☆ そうそう、銀杏と同じですね♪ こうして写真にすると、結構、可愛いな、と思うのですが、普段、葉を摘みに行く時には、そんなこと、考えてないですねぇ(笑)

>必塗マン様 意外とオスメスの有る木ということを知っている方は少ないようです(^^;
市販されているのは葉っぱと実の佃煮で、別々に見ますから。 お近くに山椒の木のあるお宅でも、気づいている人は少ないかもしれません。 おっしゃるとおり、すりこぎに使います…幹そのものにも、香りがあるらしく、しかも、木そのものが堅いので、適していたようですよ♪
プロフィール

うたかたの幻

Author:うたかたの幻
3年ぶりに更新を始めました!気分転換で、お出かけした写真エッセイのほか、読了した本についての感想、鑑賞した映画などなど、諸々思いついたままに綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR