セレブ女子会 「ひすい」にて

今日は、茶道のお稽古の方々と、一緒にお稽古している方の快気祝いと忘年会を兼ねて、
世界遺産にも登録された日本料理の中でも、真髄ともいえる懐石料理を頂いてきました(*^^*)♪

源平合戦の古戦場としても名高い倉敷市藤戸にある「ひすい」という日本料理のお店。
完全予約制で、一日に、昼夜で2組しか受け入れないという、大人の隠れ家的なお店です。

フィット君のナビに入れて目的地近くに来ても「え?どこに駐車場があるの?」と迷ってしまい、
わざわざ、お店の方に道案内に立って頂いて到着した、とっぽい、うたちゃんです(A^^;)

左上:先付「ふろふき大根」、右上:お造り「鯛・まぐろ腹身、キウィ添え」、左下:蓋物「毛蟹薯蕷(じょうよ)蒸」、右下:油物「牡蠣の芋巻き挙げ、ハス・シシトウ添え

お店の看板も無ければ、暖簾が掛っている訳でもなく、ごくごく普通のおウチといった感じでしたが、
中は、落ち着いた雰囲気で、素人画とは思えない女将さんの水彩画や、活花、置物までに凝ったお店です。

お料理は、懐石らしく、一品づつ、趣向凝らした装いで供されます。
始めは、先付となる「ふろふき大根」ですが、柔らかくお出汁を含んだ大根に、八丁味噌と、
大根葉の彩りに、吸い口となる柚子が利いて、とても上品に仕上げられた逸品。

続いて、お造りは、鯛とトロのお刺身ですが、添えとなる彩りの結び小松菜とアボガドが、
彩りの見た目だけでなく、味わいに奥深さを感じさせるようなツマの使い方でした。

蒸し物は、毛蟹の身をほぐしたモノを、ツグネ芋かな? シンジョ仕立てのもの。
百合根など、細かい合わせ物までに気配りされた、お料理でした。

揚げ物となる牡蠣も、普通に天麩羅にしたのではなく、どうやって作られているのか…。
里芋で、牡蠣をくるんで、それを天麩羅にしたものですが、これが、すっごく相性が良くて美味しかった~!

牡蠣というと、まぁ、天麩羅なら、そのまま小麦粉を付けて揚げるだけが家庭料理ですが、
さすがに、細かいところまで気配りされたところが、まさに日本料理という感じで、恐れ入りました(A^^;)

酢物:「あんきも 一味おろし みかん酢


5品目は、「あんきも 一味おろし みかん酢 青ネギ添え」ですが、運ばれてきた時に、
仄かに薫る、みかんの香り、ちょっとピリからな、おろし大根に、あんきもの相性が抜群でした♪
なかなか、食べること機会も無い、アンコウの肝ですが、全くクセもなく、良質のチーズのようでした。

ご飯、雲子と菊菜な吸い物、カブの酢漬け

最後に、雲子(タラの白子)と菊菜のお吸い物に、カブの漬け物で、お料理はお仕舞いとなります。
それぞれの分量は、懐石らしく、どれも一口で頂けるような量ですが、
ゆっくりと、吟味された素材と、真心のこもったひと品、ひと品、手を掛けた調理法で、
気が付いたら、いつの間にか満腹です(*^^*)v

パンナコッタと珈琲


デザートとして、写真では、意地汚くなるので写真を掲載してませんが、木苺ソースが底に入った、
パンナコッタと、お店のサービスと成る珈琲を味わって、贅沢な、ひとときを過ごして参りました♪

決してランチとしては、お安い金額では無いですが、それだけの味わいのあるお料理でした(*^^*)☆
どのお料理も、しっかりとした出汁の効いた、でも、決して、出汁すらも、でしゃばらない味付けで、
本当に上品な、器も吟味されていて、季節感あふれる料理を堪能して参りました。

今回、個人ブログで、お料理を紹介したのですが…とお願いしたところ、ご了承を得たので掲載しています。
でも、こういうお店は、あんまり手を広げて欲しくないなぁ…なんて思ったりしちゃいます(^^;

  今回、ご紹介したお店 「ひすい」は、食べろぐなどのネットでも写真は無い状況ですが、
  岡山の情報誌Oseraの雑誌で、ご紹介されたお店です。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うたかたの幻

Author:うたかたの幻
3年ぶりに更新を始めました!気分転換で、お出かけした写真エッセイのほか、読了した本についての感想、鑑賞した映画などなど、諸々思いついたままに綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR