砂の美術館とR9ドライブ

いつも、夕飯などでお世話になっている高校同期のお母様をお誘いして、久々の遠出を計画。
前日が、素晴らしい好天だったので、この日も大丈夫だろう、と思って出かけたものですが…。

山陰ジオパーク・砂の美術館


前々から行ってみたいと思っていた「砂の美術館」へ…途中、鳥取自動車道(無料区間)がメンテのため、
片側交互通行というので、少し遠回りしため、到着時間は、丁度、正午(A--;) 予想外に時間を喰ってしまった!

鳥取名物・猛者エビの丼と水イカ刺身


まずは、腹ごしらえ…ということで、美術館のそばのお店で、鳥取名物(だそうな)「猛者(もさ)エビ」の丼と、
水イカのお刺身♪ どちらも鮮度が良くて、とっても美味しかったです(*^^*)v

クレムリン宮殿を模した砂像

美術館館内は、今季はロシアシリーズということで、ロシアの歴史を辿る砂像やレリーフが飾られています。
砂像は、どれも非常に大きくて、尚且つ、なかなか精密に描かれていて、圧巻です(*^^*)✩

上の写真は、展示室正面上部に作られていたクレムリン宮殿で、下はエカテリーナ女帝の戴冠式だったかな?
全部で、大小合わせて12,3体はあったでしょうか…。

(左上)ソ連邦時代(右上)ロシア建国のヒーロー・リューサク像のアップ(左下)ロシア聖公会イコンのレリーフ(右下)マンモスの像のアップ

角度を変えて、ほぼ、全ての蔵を撮影したものの中から一部をご紹介します。
来季は、ドイツをテーマに製作されるそうで、今から、同期のお母様から「来年も来ようね」とお誘いを受けてます(笑)

(左上)白兎海岸沖の様子(右上)恋人の聖地・白兎神社前(左下)白兎神社参道(右下)白兎神社

砂像鑑賞後、まだ、このまま帰宅するには時間があるので、恋人の聖地と言われる白兎海岸を回ってみることに。
あいにくのお天気で、さすが山陰!雨まで降り始めちゃいました(A^^;) 

ま、恋人と一緒ではないので、そそくさとお参りをして引き上げてまいりましたが、
大国主命がウサギを助けた伝説の海岸も、この日は、そぞろ歩く恋人たちの姿もなく、少し寒々しい(苦笑)

北栄町付近の海岸に立つ風力発電の風車

このまま、引き返しても良かったのですが、せっかく鳥取まで来たんだから、少しは長い海岸線を走ってみたい(^^;
ということで、国道9号線を快適に飛ばして走ること、小1時間ぐらいかな?

日本海の風を受ける形で、巨大な風車が並んでいるところがありました✩
爽快な青空を背景にしたら、どんなに映えるだろう…とこういう景色を発見するとドライブ冥利に尽きる!(笑)

この日は天気も悪かったし、下調べもしてなかったので、車の止め場所に困り、
とりあえず「道の駅・北栄」に停車して、そこから見える部分だけを撮影したのが上の写真です。

鳥取市から米子市に向けて走る途中、走行中に素晴らしく林立する風車を見晴らせる場所があって、
とはいえ、天下の国道9号線である以上、どこにでも停車できるはずもなく、
助手席からなら撮影できるかな?とか、どこか見晴台とかあるのかな?と考えたり…
この風力発電のある景色には、またチャレンジしてみたいですね(*^^*)✩

うたとしては、米子方面は、美保基地祭で、また出雲地方へは、昨秋、ドライブしているのですが、
鳥取と米子の間は、今回が初めて♪ 帰りには道に迷ったりして大幅な遠回りもあって、
総走行距離420kmを一日で回って、相当に疲れましたが、また遊びに行きたいコースです♪

 ★今回のドライブの参考サイトのご紹介
 山陰ジオパーク・砂の美術館 公式サイト http://www.sand-museum.jp/
 白兎海岸・白兎神社(とっとり生情報) http://www.tottori-guide.jp/tourism/tour/view/21
 北栄町風力発電 http://www.e-hokuei.net/mkpage/hyouzi_editor.php?sid=1171
                          
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うたかたの幻

Author:うたかたの幻
3年ぶりに更新を始めました!気分転換で、お出かけした写真エッセイのほか、読了した本についての感想、鑑賞した映画などなど、諸々思いついたままに綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR