備中国分寺五重塔の下見

日付は変われど、今回の記事も、前々回の続きというか、同じ日のこととなります。

中世夢が原の帰り道、うたの家に帰るには、何通りかのコースが考えられますが、
その一つ、総社市の吉備古代の丘付近を通るを今回は選択してみました☆

岡山の観光地として倉敷美観地区と並んで有名なのが、備中国分寺の田園風景でしょうか。
春のレンゲ畑、夏の青々とした田んぼ、秋は黄金色の田んぼ、
冬は雪景色(もっとも、これは、よほど運が良くないと無理ですが^^;)と、なかなか風情がある景色です。

塔見茶屋から五重塔を望む

前回、9月末に笠岡ベイファームにコスモス畑を見に行って空振りに終わった曇り空の日に
県道沿いにある、絶好のロケーションに立つ「塔見茶屋」さんから撮影したのが上の写真。
まだ、稲刈りまでには、もう少し、という感じで、ちょっと田んぼが青いですね☆

県営駐車場付近からの五重塔を望む

都会地の友人に言わせると、平山郁夫画伯の絵にあるように絶景の撮影ポイントだと言うのですが、
近場だし、いつでも行けるという気安さも手伝い、足を向けることが無かった場所の一つ。

つい、先日まで、実は県営駐車場が有ると知らなくて、車を停車するのに困るよなぁ…と思い込んでいまして、
高校時代に自転車で行ったキリですが…その頃から比べると随分と整備されましたねぇ(A^^;)

順光から撮影した五重塔

この日は、既に、もう夕方近くで、かといって日没には間があるような中途半端な時間で、
写真が趣味の方ならば、もう少し、粘って、夕焼けとか夕陽の時間まで頑張るのでしょうけど、
芸術的な写真を撮影するほどの腕前もセンスも無い、うたなので、今回は、下見ということで(笑)

もう少し、時間をかけて、あちこちと撮影場所を探してウロウロすれば、遠景の写真も
もう少しは風情のあるものが撮影できるかなぁ、と思ったりしています。

ススキを全景に逆光の五重塔

国分寺境内から五重塔を望むと、夕方は、丁度、逆光となるんですね。
秋らしく、釣瓶落としの夕陽、赤い夕空までには一歩前のシルエットとなりましたが、今回の絶品です(A^^;)☆

まぁ、老後の楽しみ?として、きれいな夕陽のシルエットの五重塔の撮影にもチャレンジしてみたいです(笑)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

綺麗な景色ですねぇ!

 ラストのシルエットも、素敵ですが、私のお気に入りは、

やはり一枚目 ♪ 田園風景のその先の五重塔がとても良いです。(*^_^*)

必塗マン様

ご訪問、ありがとうございます(*^^*)☆
こういう景色は、横浜では、撮影するには難しいでしょう(笑)

田舎の風景を是非、撮りにいらして下さいませ。
運転手ぐらい、つとめて差し上げますわよ(^^;
プロフィール

うたかたの幻

Author:うたかたの幻
3年ぶりに更新を始めました!気分転換で、お出かけした写真エッセイのほか、読了した本についての感想、鑑賞した映画などなど、諸々思いついたままに綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR