紅葉の奥津渓(渓谷編)

連休明けの素晴らしい好天に恵まれた日、今年最初で最後?の紅葉狩りに出かけてみました☆
例年、何故だか、不思議と紅葉狩りに行く機会に恵まれなくて、紅葉を堪能するのは久しぶりです☆

奥津渓の下流となる付近

紅葉期間となる11月1日から15日まで、国道179号線旧道は、土日祝は通行止め平日は一方通行となります。
一方通行は、津山方面からしか入れないのですが、その開始付近が、上の写真で、下流を撮影したもの。

連休明けだから、ある程度は空いているだろう、との考えは甘く、駐車場所に困り、一方通行を一周する羽目に(^^;
これだけのお天気だから、多少は覚悟はしていたんですが、カメラを抱えた老若男女が有象無象(笑)
ま、うたも、その一人なので、文句は言えませんよね(A^^;)

奥津甌穴群(おうけつぐん)と呼ばれる地点

秩父の長瀞、木曽の寝覚の床、大分の耶麻渓と並ぶ、地質学的には著名な甌穴(おうけつ)が連なるそうで、
その甌穴(おうけつ)とは、急流のため渦を巻いた流れにより底に巻き込まれて、同じ所を回転した石が、
川底の岩を削って穴を掘ったもので、自然の芸術といえる…と、立て看板にありました。

渓流の遊歩道上の並木となっている紅葉

渓流に沿って、ところどころ遊歩道が整備されているんですが(全部は川沿いに歩けないようです)
落ち葉と、にじみでる水などで、足元の悪い箇所も有るので、歩くつもりなら足拵えをなさって、
お出かけすることをオススメしておきます(A^^;)
この日は運動靴で行ったのですが、トレッキング・シューズの方が良かったなぁ、と失敗しちゃいました☆

旧道の紅葉のアーケード

奥津渓として整備されていると申しますか、一方通行区間は、大体、片道3キロぐらいでしょうか。
カラーコーンで、片側に歩道が作られていて、途中には、彼の地を訪れた与謝野鉄幹のブロンズ像があったり、
土日だけかもしれませんが、夜はライトアップされるらしく、投光器などが有りました。
夜間照明の紅葉、というのも綺麗だろうなぁ…とは思うものの、自然のお天道様には叶うまいと負け惜しみ(笑)

奥津湖 みずの郷 名物「辛味噌ラーメン定食

奥津には、奥津渓近く「奥津温泉」と、ダム湖を見下ろせる「みずの郷」の二つの道の駅があります。
この日は、奥津温泉の方は満車状態で、駐車できず、みずの郷の方で、遅いランチをしてまりました☆

下流に駐車して、往復で軽く7キロは歩いた後なので、とにかく、お腹が空いて空いて、ラーメンライス♪
みずの郷のオススメ料理、3年熟成の辛味噌を使ったラーメンに、100円アップで、ご飯と香の物、卯の花付き。
トッピングも、たっぷりのワカメにモヤシ、半熟卵にチャーシュー2枚で、ピリ辛味噌の味わいが美味しい♪♪

道の駅「みずの郷」テラスから奥津湖を望む

ついでなので、苫田ダムで出来た奥津湖の景色を、道の駅「みずの郷」のテラスからご紹介しておきますね☆

  ☆奥津湖 道の駅「みずの郷」公式サイト http://www.town.kagamino.lg.jp/kanko/mizunosato/
  ☆奥津渓谷のご紹介(鏡野町観光ナビサイト内) http://kanko.town.kagamino.lg.jp/nature/valley/


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うたかたの幻

Author:うたかたの幻
3年ぶりに更新を始めました!気分転換で、お出かけした写真エッセイのほか、読了した本についての感想、鑑賞した映画などなど、諸々思いついたままに綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR