長井 彬著 千利休 殺意の器(読書感想文)

大陸ノベルズ「千利休 殺意の器表紙

茶の湯で有名な井戸茶碗。「筒井筒」といえば、桃山期から一国一城にも匹敵する大名道具として珍重されてきた。インタビュー先で、この名物茶碗にまつわる逸話を耳にしたジャーナリスト「私」は、利休と太閤秀吉との茶碗をめぐる因縁にとりわけ興味を抱き、自ら調べ始める。『殺されてやろう。殺した方は負けがこむばかりだ』。利休の捨て台詞が物語る切腹劇の真相とは? 歴史の闇に埋もれた謎を名陶の妖美が解く異色ミステリーの世界(大陸ノベルズ扉より) 



この秋、手に取った本の中から、改めて興味を感じたモノをご紹介…題名からも分かるように、茶道における『名物』と言われるお道具の変遷の歴史を、著者の創作による現代エピソードを綴った作品。残念ながら、この作品は既に絶版されていまして、うたの本棚から引っ張り出したモノで、1989年初版とあるので、四半世紀前の作品ですね。

この当時は、歴史は好きだけど、さほど茶道の道具類については興味関心が薄かったらしく、ほとんど内容を覚えていませんでした(A^^;) 真面目に稽古に通うようになって、ようやく、多少は道具の善し悪しや、書付類への知識が若干増えた今、『名物』の由来などにも興味が湧いてきた、という感じなので、茶道具に興味の無い方にとっては、さほど面白いミステリーと言えない作品かもしれません。

本書に登場する茶碗や茶入は、いずれも国宝や重要文化財といった、一般の方でも聞いたことあるかもな?と思う程の逸品で、この本の面白さは、その道具の来歴の不可思議さに注目した点でしょうか…西洋でも血塗られた伝説を持つ宝石が多いのと同じですね☆

本書は5篇に分かれているのですが、中でも、作家の創作部分と合わせて面白かったのは「ぬくもりの跡」と題された作品。この作品は、手先が器用な友人が、『名物』の古い箱に、その箱書きのモノに真似た自作の茶入を収めるイタズラをしたまま亡くなり、彼の作品を形見として欲しい愛人が、金目になれば売ってしまいたい妻の家から盗む筋書きで、その合間に、この名物の茶入の数奇な変遷を絡めたものです。

国宝であれ、重要文化財であれ、価値の分かる人からすれば、喉から手が出るほど執着したいモノがあっても、その美しさや年月を経た味わいを、ガラクタとしか思えない人も居る、というようなモノが骨董品だと、うたは思っています。この「ぬくもりの跡」は、相続で「価値が高い=高く売れる」と考える人が居る一方で、なんら価値の無い素人の作品でも、その人にとっての想い出のヨスガ(緣)として大切にしたいと思う人が居る…どちらが道具にとって幸せなんだろうと考えざるを得ませんでした☆

特に茶道の真髄「侘び寂び」に通じる唐物(中国・朝鮮からの由来物)である井戸茶碗は、朝鮮では飯茶碗だったりした日用品だったと言われていますが、昔から「一 井戸、二 楽(らく)、三 唐津」と呼ぶように茶碗としての格が高いとされていて、現存する物が大変少なく、希少価値です。本書では、国宝『喜左衛門』と『筒井筒』の曰く因縁が語られています。表題作は重要文化財である『筒井筒』ですが、この茶碗を見て美しい、と思える人は茶人と言えるかもしれません(^^;

左上「筒井筒」 右上「喜左衛門」 左下「葡萄蒔絵螺鈿聖餅箱」 下中「安国寺肩衝」 右下「肩衝 初花」

改めて、後世に残る逸品のお道具は、いずれも数奇な運命を辿って、現在に残されているものばかりで、その時代、時代の茶人の執念を感じる作品となりました。

で、本書に登場する大名物の茶道具類を、名前だけは知っていた井戸茶碗の「喜左衛門」など、Googleの画像で検索してみました。現物は、きっと素晴らしい物なんだろうと思うのですが(なにせ、国宝だったり重文なのですから)写真だけ見ると、これが?と思いたくなるようなものもあります(苦笑) どうやら、まだまだ、うたは修行が足らないようです(A^^;)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うたかたの幻

Author:うたかたの幻
3年ぶりに更新を始めました!気分転換で、お出かけした写真エッセイのほか、読了した本についての感想、鑑賞した映画などなど、諸々思いついたままに綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR