鯛を食しに(福山市鞆の浦)

11月末で、何度目かの退職と12月からの再就職となる、以前の職場の友達が、
一区切りをつけて、お祝いに鯛を食べに行こう!(私は、まだ再就職できてないけど▼)
というお誘いが突然入り、児島の下津井か日生か、ぐらいの軽い気持ちで、お出かけ。

2号線バイパスを下ること、倉敷市を過ぎ、浅口市を過ぎ、笠岡市を過ぎ…どこまで行くんだ??
友達いわく「鯛飯を食うとなれば、やっぱり鞆(とも)だろう」と、のたまう(A^^;)
運転してるのは、うたなんだけどなぁ(苦笑)

活魚料理『千とせ』の鯛そうめん

福山市鞆の浦の地域は、ジブリの「崖の上のポニョ」の舞台となったことでも有名ですが、
その美しい景観と昔ながらの町並み、そして鯛の地引網が有名です。

事前に下調べもしていないので、とりあえず目に付いたお店に飛び込んでみました♪
友達は、大きな鯛のカブトを使った「鯛そうめん」を注文。

活魚料理『千とせ』の鯛茶漬け

そして、二人で同じモノを頼んでもつまらない、ということで、うたは鯛茶漬けを注文。
鯛の天ぷらは、塩で食べても、天茶漬けにしてもいいですよ、とお店の方の説明があって、
ご飯と、出汁は、おかわりしてくださいね、と。

醤油に漬け込んだ?鯛のお刺身に、薬味のワサビとネギをご飯に乗せ、アツアツの出汁をかけて頂きます。
鯛のイキが良いので、鯛の身がキュッと締まって、美味しかった~♪

後山グリーンラインから燧灘を望む

おなかいっぱい、鯛を堪能したあと、満腹すぎて歩き回るのも億劫になってしまったのと、
夕方の渋滞を避けるために、早めの帰り道には、鞆の浦の超せま~い路地を抜けて、
後山グリーンラインを走ってみることにしました(*^^*)☆

冬空を映すサン・バーストな燧灘

午前中の雨は上がったものの、強風が吹き始めたとはいえ、この日は、けっこう暖か。
走り去る冬雲を映す瀬戸内海も、また、オツな景色です(*^^*)v

鞆の浦の漁港風景

後山グリーンラインは、折りからの強風で、枯葉が舞い散り舞い踊るなか、どんどん眺望が開けていきます☆
燧灘(ひうちなだ)と鞆の浦を見下ろす景色は、児島とは異なる瀬戸内の顔。
ただ、ガードレール脇の樹木が伸びていて、脚立でもあれば、もっと綺麗に撮影できたのに、と少し残念。

美味しい鯛のお料理と、予想外に良かったドライブウェイに満足した、お出かけとなりました(*^^*)☆

  ★鞆物語(鞆の浦の観光ホームページ)  http://tomomonogatari.com/
  ★活魚料理「千とせ」のご紹介ページ(鞆物語内)
     http://tomomonogatari.com/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%A1/%E6%B4%BB%E9%AD%9A%E6%96%99%E7%90%86%E9%AF%9B%E3%82%81%E3%81%97%E5%8D%83%E3%81%A8%E3%81%9B.html



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うたかたの幻

Author:うたかたの幻
3年ぶりに更新を始めました!気分転換で、お出かけした写真エッセイのほか、読了した本についての感想、鑑賞した映画などなど、諸々思いついたままに綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR