こどもの日 玉島散策 その2 古い町並み

引き続き、倉敷市玉島地区のご紹介記事です…ネタは小出しにしないと続きません(A^^;)

玉島は、歴史のある町らしい大きな商家が軒を連ねている通りが、何箇所かあります。
ところが…こういう町って、実にわかりにくくて、何度か迷子になってしまいました(汗)
一様、簡単なイラスト地図は、西爽亭で、頂いてきたんですけど…。

新昭和橋から仲買町通りを望む

映画『バッテリー』や『Always 3丁目の夕日』のロケ地として使われただけあって、
昭和レトロな街並みが残る玉島ですが、昨今、町の衰退が進み、
空家も多くなってきているなか、頑張ってる商家さんの努力で維持しているそうです。

倉敷の古い町並みと言えば、白壁の美しい美観地区が有名すぎるほど有名ですが、
美観地区の、観光地然とした通りと異なり、なんとなく、土地の方々のぬくもりが感じられる町並みです。

昭和レトロな雰囲気を醸す仲買町通り

仲買町の入口から通りを眺めた写真となります。
3階建ての建物は、この通りの一等地に建つ、旧玉島信用金庫ビル
その後、玉島商工会議所として使われ、現在は地元企業が所有とのことですが、
ちょっと屋号からは、どういう企業なのか想像がつかなかった建物です(A^^;)

新町の通りに建つ歯科医院

今も診察をなさっていらっしゃるのかは不明ですが、昭和の名残を感じさせる歯科医院です。
門柱には「○○歯科醫院」と旧字体で彫られた表札があります。
うたの親戚で、歯科をしていた伯父の家も、似たような雰囲気だったので、懐かしくなってパチリ!

廻船問屋「西国屋」の倉庫

北前船で賑わった玉島の町を支えた問屋街が新町と呼ばれる通りで、
元禄時代には、50を超える商家が軒を連ね、船着場と町を守る総門があったそうです。
そんな問屋の一つが「西国屋」で、
看板によると、往時の繁栄を偲ぶヨスガとして歴史的価値が高く、
この日は閉めてましたが、コンサート・ホールとして、現在も活躍中の建物の一つです。

西国屋の倉庫脇の路地を抜けると「あるてふぁっと」というパン屋さんです

西国屋さんの裏手となるのか、元は本家があった場所となるのか、そのあたりは不明なんですが、
路地を通り抜けると、玉島のみならず県内でも知られるパン屋「あるてふぁっと」に出ました。
玉島は、古くから味噌・醤油・酒の名家が多く、今も地元で生産される老舗の味噌を使った
「味噌パン」が有名…ただし、日祝は、お休みなので、この日は店構えだけの撮影となりました(^^;

「あるてふぁっと」の名物『味噌パン』と『道明寺(桜餅)パン』

この写真は、4月12日 良寛茶会の際に買い求めた『味噌パン』『道明寺(桜餅)パン』です♪
味噌パンは、香ばしい味噌の香りと、ゴマの歯ごたえがグッド・マッチなパンです(*^^*)☆
季節に応じて、いろいろな創作パンのお店ですが、この桜餅に見立てた道明寺パンも、
道明寺粉を使ってないだけで、アンには八重桜の塩漬けを練りこんだ、桜風味のするパンでした。

今回は、時間の制約もあって、まだまだ見残したところの多いの町並み散歩となりました▼
まだ、するのか!と言われそうですが、もう後1回、玉島のお散歩にお付き合いくださいませ☆

  ☆玉島公式サイト(倉敷市公式サイト内) 
   みなと玉島空間/玉島支所  http://www.city.kurashiki.okayama.jp/minatotop/
  ☆仲買町通り・新町通については   玉島ぶらっとまちめぐり 史跡紹介
     仲買町通り http://www.city.kurashiki.okayama.jp/nakagai/
     新町通り http://www.city.kurashiki.okayama.jp/shinmachi/
  
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うたかたの幻

Author:うたかたの幻
3年ぶりに更新を始めました!気分転換で、お出かけした写真エッセイのほか、読了した本についての感想、鑑賞した映画などなど、諸々思いついたままに綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR