新緑の日本遺産で薫風を感じて(*^^*) 旧跡「閑谷学校」

先月の29日からGWという方も多いと思いますが、うたの勤務先では3日から…。
本当は、昨日の3日、弥高山のツツジを見に行こう、と思っていたのですが、
2日に、ちょっと会社でSHOCKなことが有って、深酒していまい、完璧な二日酔い(笑)

連休前に、備前に住まう伯母上様のご拝顔に伺います、と従兄夫妻にお伝えしていたので、
その少し前に、ちょっとぐらいは連休らしいことをするか…とプチ・ドライブ(笑)

2017年4月28日に備前焼「六古窯」構成文化財日本遺産に認定された旧跡閑谷学校

備前市方面に行く途中には、岡山市東区にある『小鳥の森公園』、ブルーラインの黒井山の『牡丹園』
牛窓神社のミツバツツジなど、アレコレと行きすがら目的を考えていて、ふっと、思いついたのが、
この春に、2014年に日本遺産に認定された旧閑谷学校が、新たに備前焼瓦で認定された、という記事。

閑谷学校記念館に向かう新緑の小道


ニュースの影響もある上、好天に恵まれたことも手伝って、思った以上に人出がありました(^^;
見学料の400円を払って、中に入ろうか迷ったのですが、お約束の時間まで、
さほど時間が無いこともあって。今回は、公園内をお散歩するに留めたのですが、
以前は無料だった旧閑谷高校跡地が有料となってました▼
記憶に間違いが無ければ、前は校舎内に入るだけが有料だったんですけど…。

旧閑谷学校『公門』から楷の木を望む

今日は、新緑に、この春に、備前焼の『六古窯』構成文化財として日本遺産に登録された
レンガ色の備前瓦の色合いが綺麗だろう、と思って選んだのですが、園内の楷の木の若葉の姿が、
素敵だったので、公門から撮影してみました(*^^*)☆ これなら400円払って、入れば良かった(笑)

津田永忠宅跡の先にある茶室『黄葉亭』の佇まい

紅葉の名所と言われる閑谷学校ですが、イロハモミジの新緑も、
なかなか捨てたものじゃ、ありません(A^^;) 早足で歩くと、少し、汗ばむような陽気のなか、
旧跡から500mほどキャンプ場に向かう道の途中に、閑谷学校を創設した津田永忠宅跡の碑の先、
江戸時代の儒学者・頼山陽(らいさんよう)も訪れたという
『黄葉亭』と名付けれた茶室が、緑陰に包まれて、ひっそりと建ってました。

日生漁港から『日生大橋』を望む

プラプラと旧閑谷学校をお散歩したら、お腹が空いてきたので、何かを食べようと思い、
日生に向かうことにしました。
日頃、なかなか食べられない、お刺身でも食べようか…と考えたからですが、さすが連休!
お昼どきも重なって、予想よりも待ち時間が長そう▼

日生新名物?ご当地バーガー『ハモバーガー』

日生と言うと、B級グルメで有名となった「かきおこ」ですが、もう、牡蠣の時期は過ぎているので、
どうもなぁ…確かに、市場である『五味の市』でも、その付近のお店でも、
まだ販売はしているのですが▼ で、焼き穴子を販売している所の傍に、
カキオコと同時に「ハモバーガー」なるものの看板が!

新名物にしよう、と思ってか、ご当地バーガーとして、日生漁港で漁れるハモを使った
ハモバーガー 1個500円なりを注文…お行儀は悪いですが、中をお見せするため、
一口かじった状況もアップしてます(A^^;) キャベツに、揚げたハモの切り身、マヨネーズかな?
少なくとも、某有名チェーンM●●のフィッシュバーガーより美味しかったですぅ♪

これでお腹が満足した後、昨年、卒寿を迎えた伯母上様のお宅に向かいました☆

  ★日本遺産「閑谷学校」公式サイト http://shizutani.jp/
 
 ★閑谷学校内部を散策した時のブログ「閑谷学校を訪れて」http://utakata720.blog129.fc2.com/blog-date-201310-3.html


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うたかたの幻

Author:うたかたの幻
3年ぶりに更新を始めました!気分転換で、お出かけした写真エッセイのほか、読了した本についての感想、鑑賞した映画などなど、諸々思いついたままに綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR