水木しげる魂の漫画展に岡山シティミュージアムに行ってきました♪

2日の andFフェスにご一緒して頂いたお友達から、明日、最終日だけど、良かったら、と
岡山デジタルミュージアムで開催していた『水木しげる 魂の漫画展』の招待券を頂きました
行ってみたいなぁ…と思っていたのですけど、失業中の身であるうえに、
JRの料金+入場料となると、なかなかの費用なので諦めていたもの(A^^;)

JR岡山駅西口(運動公園口)テラスから見た岡山シティミュージアム全景

これまでも、何度か、このデジタルミュージアムで開催される催しには行きたいな、と思いつつ、
上述の理由から行けてなくて、今回が初めての入場となります(A^^;)

駅が改装されてから随分と経つのですけど、いつも車で出ることが多く、この2階部分の
テラスに出るのも、今回が初めて! もう、気分は、ほとんど、オノボリさん状態(笑)
かつては通勤していたなんて、信じられません(^^;

岡山シティミュージアム入口の案内看板

10時開館に合わせて、招待券を下さったお友達と特に待ち合わせというのではなく、
大体の時間で、館内で逢えたら良いね、というスタンスでしたので、先に入場しました。

当然ながら、館内は撮影禁止なので、写真はありませんが、実に見応えが有りました!
NHK朝ドラ『ゲゲゲの女房』で、おおよそ、水木しげる先生の生涯は知っていましたが、
絵に対するこだわり、漫画のアイデアに対する思い、戦争体験が、作品にもたらしたもの、
などなど、全部で6構成だったかな? その時、その時に出会った元編集者の方や、
アシスタントの方などのビデオで語られる、水木先生の人としての生き方などは実に興味深かったです。

もちろん、うたは、墓場の鬼太郎、悪魔くん、かっぱの三平、などの代表作は、
リアルで、少年サンデーや少年マガジン、ビックコミックなどで読んできた世代となりますから、
生原稿も懐かしさもありましたが、原画の緻密さに、改めて目を見張りました!

数年前に訪れた境港市にある水木しげる記念館でも何点かは展示されていたと思うのですが、
ここまで詳しくは展示されてなかったんじゃないかなぁ…あちらは、主に妖怪が主役でしたから。
また、幼少時から、漫画になるまでの画家を目指した時代の作品も、その画才に驚きました☆

記念撮影用に置かれているオブジェクト

そして、戦争の悲惨さを伝える、その責務を形にした戦記マンガ『総員玉砕せよ!』の思い、
また、それほど辛い思いした南洋なのに、後年は、土着の方々の大らかさに惹かれて南洋憧憬病に。

漫画の技法を見られたことも面白かったのですが、何よりも人生の達人と申しますか、
一生懸命に生涯現役を貫き通した生き方が素晴らしいの一言に尽きます。

じっくりと展示を拝見し、いろいろと感動を頂いた一日となりました(*^^*)☆

既に岡山シティミュージアムでの開催は終了しているのでリンクは貼りませんが、
水木しげるプロダクション等、公式サイトをリンクしておきますね☆

 ★水木しげるプロダクション公式サイト http://www.mizukipro.com/
 ★水木しげる記念館(境港市)公式サイト http://mizuki.sakaiminato.net/

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うたかたの幻

Author:うたかたの幻
3年ぶりに更新を始めました!気分転換で、お出かけした写真エッセイのほか、読了した本についての感想、鑑賞した映画などなど、諸々思いついたままに綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR