彼岸花と棚田の懐かしい日本の秋…美咲町大垪和西にて

日本の原風景と言っても過言ではない、山里の棚田の風景ですが、
岡山県では、美咲町と久米南町の棚田4箇所が日本の棚田百選 に選ばれています☆
その一つが大垪和西棚田♪ 残りは同じく美咲町小山と久米南町北庄・上籾となります。

大垪和西棚田と彼岸花

お彼岸の中日に合わせるように彼岸花が満開!美咲芸術世界2017の会場となる
一宮八幡神社さんに向かう道すがら、少し見晴らしの良いところからの撮影となります☆

大垪和西棚田のすり鉢のほぼ頂点位置から撮影

先週だったか、先々週に、既に早場米の収穫が行われたそうで、ところどころ刈り入れ後の棚田。
岡山市北区から行く道路は、道幅が狭く、腕に覚えのない、うたちゃんとしては敬遠して、
国道53号線の打穴中の交差点から県道70号を利用することにしました。

のどかに彼岸花が並ぶ道から棚田を遠目に眺めて

県道も途中までは中央線のある快適な道なのですが、やっぱり、境集落の付近から、だんだん細道に▼
この大垪和西の棚田は、棚田を見晴らしながら、くるっと周回路があるのですが、
いずれも、すれ違いに苦労するような道幅なので、通行量は少ないとはいえ運転は慎重に(A^^:)

美咲町境集落の境神社さんの参道入口

イベント終了後、一本径を戻るだけ…と思っていたら、思わぬところで迷ってしまい、
その時、見上げるほどの大杉(県の名木100選指定)の三叉路の脇に、
いかにも由緒のありそうな古めかしい佇まいの神社さんが…境神社と呼ばれてそうです。

来月10月9日は秋の例大祭で披露される、県の重要無形民族文化財の獅子舞が有名だそうで、
一宮八幡神社さんと対となっている古い舞型が保存されていて、一宮さんが雄型で、境さんが雌型。
過疎が進むエリアなので、岡山大学の学生が、このお祭りには協力して盛り上げているそうです☆

境集落の紅蕎麦の畑も満開

山村らしく、この付近も蕎麦が栽培されていて、紅蕎麦畑の矢印はあるものの場所がわからず、
境集落の公民館の傍らの一角に、紅蕎麦の花が満開となっていました(*^^*)☆
信州の蓼科高原付近で、蕎麦にも赤いのがあるんだ~!とビックリして以来の紅蕎麦の花♪

紅そば亭の全景

美咲町の美味しいもの…と聞くと、すぐ「たまごかけご飯」が思い浮かびますが、
この棚田の紅そば亭(べにそば、でなく、あかそば、と読みます)も、県下では有名なお店。
地元のおじちゃん、おばちゃんが打つ、素朴なお店です(*^^*)☆

紅そば亭 名物「境そば」

もちろん、紅そば亭でも、10割そば、二八そばのザルありますが、今回は、このエリアで
古くから食べられていた、という、その名も 境そば を頂くことにしました。
今は鶏肉で出汁を取ってるそうですが、桃太郎伝説じゃありませんが、
昔はキジ肉を使用していたとか(A^^;) 今でもケンケン鳴き声は聞こえるそうですよ(笑)
お蕎麦は、二八でしょうか…鶏肉と揚げにゴボウと人参、色目よりは塩分控えめで、とても良い味♪

美味しく頂いた 紅そば亭については、コチラをどうぞ(*^^*)v
 ★棚田のそば屋「紅そば亭(あかそばてい)」公式サイト http://plus.harenet.ne.jp/~yasudai/


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うたかたの幻

Author:うたかたの幻
3年ぶりに更新を始めました!気分転換で、お出かけした写真エッセイのほか、読了した本についての感想、鑑賞した映画などなど、諸々思いついたままに綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR