スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大槌島に捧げる注連縄作り…『明神鼻の小屋』のお正月準備に参加して

以前の記事でご紹介した『明神鼻の小屋』の方々が、大槌島を望む場所に掛ける
大注連縄を作る、というので、注連縄作りを見たことが無い、
うたは、小屋の実行委員の方にお願いして見学にヤジ馬?でお出かけして参りました(^^;

大槌島を望む位置に大注連縄を設置して本日の作業は終了♪

この日は、お天気が心配されるなか、実行委員の方々の日頃の行いも良かったからでしょう、
曇り空ではありましたが、お陰で屋外作業には温かな一日となりました(*^^*)☆

縄を編む作業前、12月12日に下準備した干したワラ束

11月に旧灘崎町の農家さんに依頼して頂いてきたワラを、12月12日には、ワラを整える作業、
奥のワラは、下準備を終えたワラで、手前は、まだ、下準備が完全で無いもの。
奥の分だけで足りると思うけど、実際に編んでみないと解らないので予備が手前。
下準備したものだけで、60束は有ります、これ、全部手作業です!数人で6時間を要したとのこと。

左上・ワラを叩いて柔らかくしてるところ、右上・ワラ束を3分割、左下・縄を長くするためにワラを補充してるところ、右下・2本編みあがった後、形を整えているところ

今年で3回目となる大注連縄作りだそうですが、1年目は三つ編みにしたら雨が溜まる、ということから
昨年は、縄をなう要領に変更…ところが、この年のワラは餅米で、ワラ丈が短くて見栄えはイマイチ▼
3回目となる今年は、普通のワラを使用して、準備も気合も十分で挑まれたそうです♪

初めて縄編みに挑戦する方も、今年で3回目の方と息を合わせてよって(撚って)いく様子の一部です。


注連縄作りを見るのが初めてで、乾かしたワラに水を少々掛けて編みやすくするために叩く
これが、意外と重労働、腕がパンパンになった、とのこと(A^^;) せっかく干したのに水を掛ける?
濡れた状態でダメなんですか?とお尋ねすると、それだとカビたり腐ったりするそうです▼
そして束を3分割し、先に2本で編み始め…分けた束を捻ったのと反対に、よって(撚って)いきます。

左上・取り分けておいたワラを2本編みに編み込む始め部分、右上・ワラを足しながらの巻き込み、左下・一つおきに縄を編み込みん出る様子、右下・3本を編み終えて形を整えているところ

ワラを足しながら7mになるまで2本編みを行った後、最初に取り分けた束を縄目1つおきに
巻き込んでいきますが、ワラを捻る、ほどけないようにキッチリと巻く、これはチカラ技!
手の皮がむけた方もいらして、最後は、師範代の方も加わっての重労働です(@@;

出来上がった注連縄は、まるでトグロを巻く大蛇のよう(^^;

和気あいあいと悪戦苦闘しながら、途中、休憩も含めて、およそ2時間ほどで完成♪
指導して下さった縄編みの師匠・今井さんいわく、今年は、過去最高に出来栄えが良い!と(*^^*)v
車に積みやすいように、丸めたら、なんと、とぐろを巻く大槌島の大蛇のようです♪

途中、近所の方が「頑張っとる~!」と様子を見に来て下さったり、声を掛けて通り過ぎたりと、
少しずつ、このイベントも年末行事の風物詩となっていくのかな?と感じました(*^^*)☆

明神鼻の小屋までは、人力で運び入れ、まるで大蛇を担いでいるようですね☆

昼食後、今にも降り出しそうな雨空模様のなか、明神鼻の小屋まで、出来上がった注連縄は、
男性陣が担いで運び入れます。その姿も、どうみても大蛇にしかみえません(^^;

男性陣が左右に分かれて縄を上げる準備の様子

いよいよ最後の仕上げ、注連縄を掛ける準備…吊るす木の枝にかけたワイヤーから
縄が外れないように、しっかりと縛りつけます。かなりの重量があるので、縛るのも大変!

さて、立ち位置が悪かったため、両端からワイヤーが持ち上がる様子が撮影できなかったのですが、
一応、動画を撮影したので、その様子をご紹介しますね(A^^;) 下手くそですみません(ペコリ



これで後は、年明けとなるそうですが、御弊を吊るすイベントを行って、注連縄らしくなるそうです。
最初の写真のように、キレイに大槌島が望む位置に注連縄が張られました!

上・注連縄作りの師匠の方のお家で、正月飾り作成の様子、下・うた人生初のお飾り♪


張った注連縄の様子のお知らせするため、縄なえの指導をして下さった今井さんのお宅へ。
今井さんのご好意から、今回使用した余りのワラで、お飾りを作りましょう、と仰って下さり、
うたも、人生初体験となるワラを触り、ほとんど手伝って頂いて、輪飾りを作って参りました♪

師匠の今井さんから「自分でお飾りを作ると良いことが舞い込んでくるよ」とのことなので、
今年は、このお飾りでお正月をお迎えしようと思っています♪(*^^*)

明神鼻の小屋の実行委員の方々、縄なえ師匠の今井様をはじめ、この日、
お手伝いに来て下さった皆様が、おジャマ虫なうたを快く歓迎して下さり、
本当にありがとうございました♪
この、ほっこりとした気分で、今年を締めくくり、良い年を迎えられそうです

  ★明神鼻の小屋 イベント公式サイト http://myoujin-coya.main.jp/ 
 
  ★明神鼻の小屋公式Facebookサイト 
       https://www.facebook.com/myoujincoya/

  ★うたかたの幻過去記事
      『こじんまりと温かく…『おろちと明神鼻』は明神鼻小屋で雨天決行♪』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うたかたの幻

Author:うたかたの幻
3年ぶりに更新を始めました!気分転換で、お出かけした写真エッセイのほか、読了した本についての感想、鑑賞した映画などなど、諸々思いついたままに綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。