エレベーター

昨日・今日と、某大手メーカー製造のエレベーター事故が報道されていますね…事故に遭った高校生は、本当に可哀想なことです。新聞報道に因ると、このメーカー製は、過去に随分と小さな故障も含めて、事故が多発していたとか…メーカーは当然のこと、運行管理会社やビル管理会社など、責任所在をたらい回しすることなく、原因究明に努めていただきたいものです。

 

ところで、うたは、このエレベーターというのが、実は苦手です(^^; 元々、閉所恐怖症気味ということもあるのですが、高速エレベーターなどに乗ると、耳がおかしくなるんですね。コレは気圧の変化の所為なので、仕方ないことなのでしょうけど、元に戻るのに時間が掛かるのです▼

 

落ちることを心配したことは余り無いのですが、何処か遠く、異次元に連れ去られてしまうのではないか…という、恐怖心を毎度のことながら感じます(A^^;) スルー・タイプの表が見えるエレベーターなら良いのですが、あの密室の箱に入った途端、目的階のボタンを押し、階数表示が変わっていくのを眺めていても、本当に、辿り着いた階が、同じ次元の、現在に連なる時間の流れの上にある、行きたいと思っていた場所なのか、確信が持てなかったりするんですね☆

 

一人で乗車し、降りる階まで一人で過ごし、着いた階にも誰も居なかったりすると、とっても不安になっちゃうんです…いつだったか、新宿副都心の超高層オフィス・ビルに用事で出掛けた際、さすがスピードが速いこともあって、当然のことながら耳はおかしくなる。着いた階にも人っ子一人見あたらず、本当に静かで、まさに異次元に放り込まれたような感覚…まだ場慣れしてない若い時でしたので、尚更です。

 

しばらく呆然と突っ立ってて、やっとオフィスから出てきたサラリーマン氏を見ても、なんかインベーダーのような気がしましたねぇ☆ 気後れも手伝って、しどろもどろになりながら、目的の事務所の場所を教えて頂きましたが、青い顔して、冷や汗を浮かべながら尋ねる小娘を、さぞかしサラリーマン氏は変な子だと思ったことでしょうね(苦笑) 用事を済ませて、元の1階のエントランス・ホールに戻った時には、やっと、うたが居るべき場所に戻ったような気分で、ホッとしたのと、ドド~っと疲れを感じたことを思い出しました(A^^;)

 

今でも、エレベーターのドアが開いた瞬間、ココは間違いなく、同じビルの階なんだろうな、と確認せずにはいられない小心者です(爆)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

もしや、なにか子どもの頃にそんな小説かドラマを観たとか・・・・・

確かに1人で乗ったりするのは、ちょっと怖いカンジがしますね。

エレベーターって好きでした。特にデパートにある奴は大好きでした。
オネーサンが白い手袋して『上に参ります』って 懐かしいなー

実は小学校の頃、名古屋の老舗デパートでエレベーターに乗った時、ほぼ満員でしたが、目的の階でドアーが開かなくなり、上へ行ったり、下に降り、今のようにエレベータの中に電話も無く1時間ぐらい閉じ込められました。その時の恐怖感は今の年になっても刷り込まれて消えません。必要に迫った時だけ使うようにしていますが、うたさんと同じ狭い所とか窓の無い部屋とかは、それ以後、駄目になってしまいました。

>にゃん様 幼い頃に、日頃、ワガママな妹に手を焼いていた兄が、二人で乗って降りた階で(多分、デパートだったと思うのですが)当時、TVで人気だったタイム・トンネルをまねて、脅したんですね…デパートなんて、そうそう来る場所じゃなかったですから、もう、大泣きしちゃって(爆)どうも、コレがトラウマの原因かもしれません(^^;

>春兎様 一人で乗っている時って、あれこれ、考えませんか?このまま扉が開かなかったら、とか、故障したら、どうしようとか(^^;

>Jigen様 そういえば、ちょっと前までデパートのエレベーターでは、綺麗に店員さんが、運転してましたね…今は、デパートといえども自動ですが(^^;

>夢太様 恐い思いをすると、忘れられませんよね★ エレベーターのトラウマを再認識したのは、大学のエレベーターに閉じこめられた想い出もあるんですよ…10分ほどでしたが。この時は、研究室の仲間と一緒でしたが、生きた心地がしませんでした▼男子学生は面白がってましたけど…。階段で上れる範囲の階が、うたは好きですねぇ(爆)これではニューヨークで暮らす、なんて一生できっこないでしょう(そんなこと、まず、あり得ないことですが^^;)

閉所恐怖症の人ってけっこういるみたいで、ある知り合い、トイレの中に閉じ込められるのがイヤだからと、家庭ではトイレのドアを開けたまま用を足している人がいます。わたしなんぞ、ドアがしまっていた方が落ち着くのですが…。しかし、今回のエレベーターの事故は、起こるべくして起こったって感じですよね。以前から不具合があったっていうんだから。

>マリリン様 閉所に限らず高所、暗所もダメなんですよねぇ(^^; でも、さすがにトイレは閉まっている方が落ち着きます(爆)高校生になるまで、豆電球を点けてないと眠れませんでした!どうやら、この製造メーカー、海外でも重大事故があったようで、一気に問題点が噴出しそうですね☆ 

デパートとかのエレベーターはいいけど…。以前、公団アパート14階に住んでいましたがそこのエレベーターはイヤでしたね~なんか落ちそう~って感じで…知らない人と乗るのもなんとなくね…

>pia様 あ、知らない人と一緒に…というのも、確かに設置場所によりけりで、マンションとかだと、恐い時あると思います☆だって、密室で逃げ場、ないもん▼相手が普通にマトモな人ならともかく(マトモそうに見えても、判らない昨今ですが)ヨッパライとかだと、本当に嫌ですよね☆

なるほど~、本文ではSFっぽく感じたり・・・題名忘れたけど、マイケル・ダグラスがケームするハメになる映画を思い出したりしたけど、原因は2重のトラウマだね (^^;
ボクはエレベーターは問題ないんだけど、5階位までなら運動のため2段ずつ歩いて上がってるんだ♪
あっ、pia さん、相手も同じ気持ちだったかもょ (*^m^*)

>アッキー様 ドアが開いた時、もしかしたら、パラレル・ワールドに居ないと、確証、あります?この手のSFというかサスペンスも映画化やTV化されてるのも多いよね☆マイケル・ダグラスの作品…多分、うたは観てるというか、覚えはあるんだけど…相手役がデミ・ムーアじゃなかったけ?

ほほぉ~、うたちゃまはヤッパリ繊細やわぁ~
わたしは、異次元に連れて行かれるなんて想像もしたことなかったです(^^ゞ
エレベーター落ちないで!!とはいつも祈ってますけど(*≧≦*)
だって、一度ね、エレベーター一人で乗ったとき動き出してすぐに途中で止まったの(-_-;)
このまま落ちたら、爆発して死んじゃう!!って冷や汗でした・・・

>なんおちゃま そりゃ、恐い経験だわ~!うたなんぞ、友達と一緒だったにもかかわらず、気分が悪くなって医務室に行ったぐらいだから(^^; 繊細というより臆病なんだと思いますよ☆

え~と、調べたら分かった!・・・1997年の「ゲーム」という題名。主人公がエレベーターが開いたら、CRS社という会社のオフィスの消滅してるのを見た時のことを思い出したんだ。TVで2回くらい観たけど、結構面白い映画でしたょ♪
パラレル・ワールドはねぇ・・・ぜんぜん考えたことないや~ (^^ゞ

>アッキー様 そうそう「ゲーム」なら、やっぱり観てるわ(^^; しかも映画館で(爆)
最近、観た映画っていうのは、忘れるの、早いんだよねぇ(A^^;) やっぱ、うたが、エレベーターに関しては、恐怖心が強いだけ、なのですね☆

閉所恐怖症か~。カプセルホテルとかもだめかな?俺はエレベーターで女の人と2人になると妙にどきどきします。w

>いち様 あ、カプセルホテルも、全然、ダメです(^^; あの天井の低さに、圧迫感覚えちゃって(爆) うたも、若い男性と二人きりでエレベーターというのは、ドキドキしちゃいますよ(あは!今更、何を期待してんだろ^^; ね?)
プロフィール

うたかたの幻

Author:うたかたの幻
3年ぶりに更新を始めました!気分転換で、お出かけした写真エッセイのほか、読了した本についての感想、鑑賞した映画などなど、諸々思いついたままに綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR